個性派の陸旅倶楽部

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

  • HOME
  • » ツアー
  • » オセアニア
  • » パプアニューギニアとソロモン諸島 ラバウルのマスク・フェスティバルを訪ねて 8日間

パプアニューギニアとソロモン諸島 ラバウルのマスク・フェスティバルを訪ねて 8日間

出発日

2019年7月6日(土)~7月13日(土)

最少催行人員 6名様
添乗員 全行程同行します。
ツアーのポイント

■ラバウルのマスク・フェスティバルへご案内します。フェスティバルではコスチュームやメイクを施した部族の舞踊などをお楽しみください。また、ラバウルは漫画家の故・水木しげる氏が戦時中駐留された場所としても日本人に馴染みがあります。

■ソロモン諸島のガダルカナルは太平洋戦争の激戦地でした。今も戦闘機や戦車、大砲などの残骸をはじめ、当時の爪痕が生々しく残っています。

■ラバウル3連泊そしてソロモン諸島3連泊のゆったりした行程です。

旅程(日程表)

日/日付 都市 スケジュール 宿泊地 食事
1日目(土) 東京(成田空港)

■空路、ポートモレスビーで乗り継ぎ、ソロモン諸島に位置するガダルカナル島のホニアラへ向かいます。

機中 機内
2日目(日) ホニアラ

■着後、テレレ・ビーチとレッド・ビーチを訪ねます。

ホニアラ 機内 夕食
3日目(月) ホニアラ滞在

■朝食後、ホニアラの観光へご案内します。国会議事堂、中央マーケット、ベチカマスクール、国立博物館を訪ねます。

■午後、ムカデ高地、一木支隊鎮魂碑、川口支隊慰霊碑を訪ねます。

ホニアラ 昼食 夕食 夕食
4日目(火) ホニアラ滞在

■朝食後、カミンボ(日本軍撤退場所)、ビル村戦争博物館、タサファロング・ボネギ海岸、ギフ高地、日本平和記念公園、アメリカ戦争記念碑、カミンボ(岡部隊、青葉支隊上陸地点)などを訪ねます。

ホニアラ 朝食 昼食 夕食
5日目(水) ホニアラ
ポートモレスビー
ラバウル

■午前、空路、ポートモレスビーで乗り継ぎ、パプアニューギニアのラバウルへ向かいます。

ラバウル 朝食 昼食 夕食
6日目(木) ラバウル滞在

■午前、マスク・フェスティバルへご案内します。コスチュームやメイクを施した部族の舞踊などお楽しみください。

■午後、ココポ周辺の観光・戦跡めぐりへご案内します。ココポ博物館、ブナポペ教会、ココポマーケットなどを巡ります。

ラバウル 朝食 昼食 夕食
7日目(金) ラバウル滞在

■終日、ラバウル慰霊へご案内します。大発格納庫、火山観測所、小牧桟橋、旧ラバウル飛行場跡、ラバウル温泉、山本バンカー、マルマルアン展望台、南太平洋戦者の碑などを訪ねます。

ラバウル 朝食 昼食 夕食
8日目(土) ラバウル
ポートモレスビー
東京(成田空港)

■朝、空路、ポートモレスビーへ向かいます。

■着後、アドベンチャーパークへご案内します。極楽鳥、パプアニューギニア固有種の木登りカンガルー、ワラビーなどの動物、そしてランの数々を展示するオーキッドガーデンにご案内します。

■午後、空路、帰国の途へ。

■夜、成田空港に到着。

朝食 昼食 機内

ご旅行代金 成田発着

出発日 旅行代金 1人部屋使用追加料金
2019年7月6日(土)~7月13日(土) 578,000円 93,000円

*燃油サーチャージ目安額:無料(2019年1月現在) 

*国際観光旅客税(出国税)¥1,000

平成31年1月7日以後に出国する旅行者から国際観光旅客税(1,000円)が導入されます。

■ニューギニア航空利用予定

■パプアニューギニア・ビザ代:無料(現地取得)

■パスポート有効残存期間:入国時6か月以上の残存期間があること

■パスポート未使用査証欄:4ページ以上(見開き2ページ)

ご利用予定ホテル

ホニアラ(3連泊):メンダナ または同等クラス

ラバウル(3連泊):ガゼルインターナショナル または同等クラス

ご注意事項

*ソロモン諸島やラバウルでは各村の事情により急遽立ち入りが禁止されたりする場合がございます。予めご了承ください。

*4日目の昼食、8日目の朝食はお弁当となります。予めご了承ください。