エジプト・中近東

エジプト・中近東

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

各国情報

トルコ 

基本情報

国名 トルコ共和国(Republic of Turkey)
首都 アンカラ
面積 780,576平方キロメートル(日本の約2倍)
人口 76,667,864人(2013年,国家統計庁推定
公用語 トルコ語(公用語)
宗教・宗派 イスラム教(スンニ派,アレヴィー派)が大部分を占める。 その他ギリシャ正教徒,アルメニア正教徒,ユダヤ教徒等。
日本との時差 マイナス7時間 サマータイムマイナス6時間
通貨 トルコリラ(TL、テュルク・リラスTurk Lirasi)。補助単位はクルシュKurus(Kr)、1TL=100Kr
為替 1TL≒51.2円(2013年1月18日現在)

観光地情報

中近東に行く前に知っておくと便利な旅の必需品、気候、通貨、祭日、そして宗教上の注意など旅行に必要な基本情報をご紹介しています。

査証(ビザ)

観光目的の旅であれば、通常は90日以内の滞在はビザ不要。

パスポートの有効残存期間は滞在日数+3ヵ月以上あること。見開き2ページ以上の未使用査証欄が必要。

両替・チップ

両替:

空港、銀行、ホテルで両替可能です。

米ドルまたはユーロからの両替が一般的です。

紙幣は200TL、100TL、50TL、20TL、10TL、5TL

硬貨は1TL、50Kr、25Kr、10Kr、5Kr、1K

 

チップ:

トルコではチップの習慣は無く、必ずしもチップは必要ではない。レストランやホテルなどの料金にはサービス料が含まれていることがある。

良いサービスを受けた場合、高級レストランでは10%位、ホテルのベルボーイやルームサービスには1-5TL、タクシーにはおつりの小銭を払う。

 

交通事情

国内の移動は航空機、鉄道や長距離バスを利用する事ができます。

各市内の移動は、タクシーが便利です。

宗教上・滞在上の注意

撮影:

主要な観光地では問題ありませんが、モスクや軍事施設、空港、鉄道、橋などは通常撮影禁止です。

また、イスラムの戒律を守りスカーフをしている女性にカメラを向けるのは控えましょう。

 

服装:

イスラムの国ですので、女性は肌の露出の多い服はなるべく避けましょう。特にモスクに出入りする際は注意が必要です。

基本的には、肌を多く露出しないようにして下さい。どのイスラム国でも、モスクに入る場合は、女性は髪の毛を覆い、手の先以外の部分が見えない、体の線の

出ない服装が必要です。スカーフや上着を持ち歩くと便利です。男性も肩の見えるトップや、短パンなどは控えてください。

 

飲酒:

ほかのイスラム教国に比べてトルコでの飲酒は比較的自由で、主要都市や観光地では多くの店で飲酒ができます。 

ドレスコードのあるレストランが多くありますので、事前に確認してから出かけましょう。

 

電圧・IT情報

電圧220ボルト 50ヘルツ プラグは2本足のCタイプがメインで、B、B3、SEタイプもあります。

WI-FIが利用できるホテルがあります。無料の場合と有料の場合があります。

祝祭日と休日

休日:

休日は土曜日曜と祝日。

 

祝祭日:

ヒジュラ歴によるので毎年変わります。グレゴリオ歴も併用しています。

下表:祝祭日一覧  

 

2014年 祝祭日
1月1日 新年
4月23日 国民主権と子供の日
5月1日 労働と統一の日(メーデー)
5月19日 青年とスポーツの日
7月27日 ラマダン明け前夜
7/28-30 砂糖祭り(ラマザン明けの3日間)
8月30日 戦勝記念日
10月30日 犠牲祭前夜
4月7日 犠牲祭
10月28日 共和国宣言記念日
10月29日 共和国宣言記念日(1923年、共和国を宣言)

 

気候・時差・水・必需品

水:

飲料はミネラルウォーターをご利用下さい。

 

気候:

トルコは国土が広いため、地域によって気候や降水量が異なります。一般的には、夏は雨が少なく乾燥していて、海岸部では蒸し暑く、冬は曇りが多く雨がよく降ります。内陸部は日中と夜の寒暖差が大きく、東部の高原地帯では積雪もあり、路面が凍結することもあります。トルコは日本と同様四季があり、季節の移り変わりが明瞭で彩り豊かな国です。海水浴シーズンの目安は、マルマラ海エーゲ海北部では6~9月頃で、エーゲ海南部地中海沿岸では5~10月頃です。

 

必需品:

帽子、サングラス

 

主な都市間の距離

イスタンブール 〜 アンカラ 454KM (5時間)

イスタンブ-ル 〜 イズミル 567KM (9時間)

イスタンブ-ル 〜 ブルサ 230KM (3時間30分)

イスタンブ-ル 〜 アダナ 934KM(11時間)