エジプト・中近東

エジプト・中近東

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

各国情報

サウジアラビア

基本情報

国名 サウジアラビア王国(Kingdom of Saudi Arabia)
首都 リヤド
面積 215万平方キロメートル(日本の約5.7倍)
人口 2,920万人(内 外国人936万人)(2012年暫定値、SAMA)
公用語 アラビア語(公用語)、英語
宗教・宗派 イスラム教
日本との時差 マイナス6時間 サマータイム実施しない
通貨 サウジ・リヤルSR(SaudiRiyal)とハララ(Halalas)。SR1=100Halalas
為替 1$=3.75SR(2013年)

観光地情報

中近東に行く前に知っておくと便利な旅の必需品、気候、通貨、祭日、そして宗教上の注意など旅行に必要な基本情報をご紹介しています。

査証(ビザ)

就労ビザ、短期訪問(商用)ビザ、同居ビザ、巡礼ビザ(イスラム教徒に限る)などがあるが、そのうち「観光ビザ」として発行されるビザは、原則として、現地の旅行会社と契約を結んでいる日本の旅行会社主催のパッケージツアーに参加するもの者だけが取得可。

※2013年2月現在、サウジアラビアは観光ビザの発給を停止している。

両替・チップ

両替:

空港、銀行、ホテルで両替可能です。

米ドルまたはユーロからの両替が一般的です。

紙幣はSR500、SR200、SR100、SR50、SR20、SR10、SR5、SR1。

 硬貨は100Halalas、50Halalas、25Halalas、10Halalas、5Halalas。 

 

チップ:

サービス内容により10~15% 枕TIP/1USドル程度

 

 

交通事情

国内の移動は航空機や長距離バスを利用する事ができます。

各市内の移動は、タクシーが便利です。

 

宗教上・滞在上の注意

撮影:

政府関係機関の建造物、軍施設、港湾、空港の写真撮影は禁止されています。 また、モスク、廟の内部でも撮影は禁止されています。チャドル姿の女性、礼拝中のイスラム教徒を撮影する際はあらかじめ了解を取ることが必要です。 個々の店の中や、人物の撮影は了承を得てからにして下さい。

 

服装:

宗教国家として、女性はイランのほとんどの地域を訪れている間、身体を覆い隠すことが要求されています。 肌を出さず髪を出さない服装が基本です。必ずサウジ国内では「アバヤ」という黒衣を常に身に付ける様にして下さい。 「アパヤ」を身に付けないで、市内を歩き回った場合には、宗教警察に連行される場合もありますのでご注意下さい。男性は半ズボン、ランニングシャツでの外出は避けてください。他は特別な制約はありません。

 

飲酒:

アルコール類は禁止されていて、アルコール類を飲むことは厳罰に処せられます。

電圧・IT情報

220Vと127Vが混在している。 プラグはA・B ・BF・Cタイプ

WI-FIが利用できるホテルがいくつかあります。無料の場合と有料の場合があります。

祝祭日と休日

休日:

休日は金曜、土曜と祝日。

 

祝祭日:

毎年変わります。

下表:祝祭日一覧  

 

2014年 祝祭日
7/27-31 ラマダン(断食)明け休暇
9月23日 建国記念日
5月9日 巡礼休暇

 

気候・時差・水・必需品

水:

飲料はミネラルウォーターをご利用下さい。

 

気候:

首都リヤドのある内陸部は典型的な大陸性砂漠気候で,一年を通して乾燥しており,夏期(6月~8月)は連日45℃を越える酷暑が続きます。この時期の気温は夜間でも40℃を超える厳しさです。一方で,冬期(12月~2月)は冷え込み,最低気温はしばしば10℃以下となり,コートや暖房が必要となります。これに対してジッダ(紅海沿い)やコバール(ペルシャ湾沿い)などの沿岸地域や南部地域では一年を通して比較的高温で,かつ湿度が高いことで知られており、サウジアラビアは地域や季節、日内間などによっ、気候の変動が大きく異なる事も特徴の一つといえます。

 

必需品:

帽子、サングラス

主な都市間の距離

リヤド 〜 ジッダ 952KM (8時間29分)

リヤド 〜 ダンマーム 409KM (4時間)

リヤド 〜 メッカ 875KM (7時間37分)

リヤド ~ メヂナ 841KM(7時間15分)