エジプト・中近東

エジプト・中近東

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

各国情報

オマーン

基本情報

国名 オマーン国
首都 マスカット
面積 約30万9千500平方キロメートル(日本の約85%)
人口 309万人
公用語 アラビア語
宗教・宗派 イスラム教
日本との時差 日本との時差は「マイナス5時間」  サマータイムはありません
通貨 オマーンリア(OMR)とバイザ(Baiza)
為替 1000Bz = OMR = 約264円(2014年7月現在)

観光地情報

中近東に行く前に知っておくと便利な旅の必需品、気候、通貨、祭日、そして宗教上の注意など旅行に必要な基本情報をご紹介しています。

査証(ビザ)

日本国籍の場合、ビザが必要です。現地空港または国境にて取得が可能です。

 (日本国籍の場合)

両替・チップ

両替
空港、銀行、ホテルの他に両替商で可能です。両替商での両替が比較的よいレートです。米ドルからの両替が一般的です。
紙幣の種類は、100Bz、500Bz、OMR1、OMR5、OMR10、OMR20、OMR50
硬貨の種類は、5Bz、10Bz、25Bz、50Bz

チップ
バーレーンは基本的にチップの風習がないようです。サービスの提供へのお礼の気持ちとして、下記を目安にして下さい。
送迎のみの場合、ドライバーとアシスタントに各$5〜10、半日のサービスの場合、ドライバーとガイドに各$15−20、終日のサービスの場合、ドライバーとガイドに各$30〜40。

交通事情

航空では、オマーン航空が唯一の航空会社で、マスカット、サラーラ、ハッサブ間を運行しています。
マスカットでは、空港のタクシーは青と白色、市内はオレンジと白色と色分けがされています。メーター制ではなく、すべて交渉となります。何人かでシェアして利用するのが安い方法です。
メトロと路線バスはありません。マスカット〜サラーラ、マスカット〜ドバイの長距離バスがあります。

宗教上・滞在上の注意

撮 影:
撮影可能な場所でも、女性が入らないように注意しましょう。女性を撮影する場合は了承を得てからにして下さい。

服 装:
他のイスラムの国と同様、肌を露出する服装は控えるようにしましょう。

飲 酒:
公の場所では飲酒は控えて下さい

その他:
特にラマダン時期は、決められた時間内の公の場所での食事、飲酒と喫煙は処罰の対象となりますので注意しましょう。

電圧・IT情報

240ボルト  50ヘルツ   
プラグはBF」または「C」タイプ

ショッピングモール、レストラン、コーヒーショップなどでかなり無料WI-FIが普及してきています。 ホテルもかなり無料のWI-FIが普及してきています。

祝祭日と休日

祝祭日
ヒジュラ歴によるので毎年変わります。グレゴリオ歴も併用しています。
下表:祝祭日一覧  「*」マーク:年により移動する祝祭日

 

2014年 2015年 祝祭日
12月31日 1月1日. 元旦(固定)
1月13日. 1月3日. 予言者ムハンマド誕生祭*
5月27日. 5月16日. 予言者昇天祭*
7月28−30日. 7月18−20日. ラマダン明け祭*
7月23日. 7月23日. ルネサンスデー(固定)
10月4−6日. 9月23−25日. 犠牲祭*
10月25日. 10月13日. イスラム暦新年*
11月05日. 11月18日. カブース国王誕生日*
11月22日. 11月18日. ナショナルデー*

休日
金曜日はイスラム教の休日となり、政府機関や店なども休みとなります(店は夕方から開く事があります)

気候・時差・水・必需品


水道水は地下水や海水を淡水化しており、口に含むのは問題ないですが、飲料はミネラルウォーターが無難です。500mlで100〜500バイザ程で購入できます

気候
ドファール山岳エリアはトロピカルな気候で、6月下旬から9月下旬まで雨の季節となります。これはインド洋からのモンスーンにより、涼しく湿った風を運び濃い霧を発生させるからです。アクダル山の標高の高い場所ではさらに雨量が多くなり、数年に一度、雪がつもる事もあります。
市内は、1年と通して暑いですが、モール、レストラン、ホテルなどの施設はかなり冷房が効いているので半袖の上に上着を用意すると良いでしょう。日差しも強いですので、帽子や、サングラスも必要です。
山岳地帯は、天候の変化に対応できるよう、レインコートなども準備しましょう。

必需品
帽子、サングラス

主な都市間の距離

マスカット 〜 ニズワ  174KM(2時間弱)
マスカット 〜 スール  209KM(2時間30分)
マスカット 〜 ソハール 230KM(2時間)