エジプト・中近東

エジプト・中近東

旅の専門店連合会トラベルハーモニー

各国情報

レバノン 

基本情報

国名 レバノン共和国(Republic of Lebanon)
首都 ベイルート
面積 10,452平方キロメートル(岐阜県程度)
人口 約443万人(2012年世銀)
公用語 ペルシャ語,トルコ語,クルド語等
宗教・宗派 キリスト教(マロン派、ギリシャ正教、ギリシャ・カトリック、ローマ・カトリック、アルメニア正教)、イスラム教(シーア派、スンニ派、ドルーズ派)等18宗派
日本との時差 マイナス7時間 サマータイムマイナス6時間
通貨 レバノン・ポンド(LBP)
為替 1ドル=1,507レバノン・ポンド(2012年、レバノン中央銀行)

観光地情報

中近東に行く前に知っておくと便利な旅の必需品、気候、通貨、祭日、そして宗教上の注意など旅行に必要な基本情報をご紹介しています。

査証(ビザ)

旅行等の短期滞在目的の入国については、ラフィーク・ハリーリ(ベイルート)国際空港において入国審査(パスポートコントロール)の際に滞在期間30日の入国査証を取得することができます。

 

 

両替・チップ

両替:

空港、銀行、ホテル、両替所で両替可能です。

米ドルからの両替が一般的です。

紙幣は10万LP、5万LP、2万LP、1万LP、5000LP、1000LP

硬貨は500LP、250LP、100LP、50LP、25LP

 

チップ:

チップは強制ではありませんが、喜ばれますし、満足のいくサービスをされたと感じる場合は、必ず渡しましょう。

チップは請求額の10から20パーセントが良いと思われます。

交通事情

国内の移動はバス、タクシーを利用する事ができます。

各市内の移動は、タクシーが便利です。

宗教上・滞在上の注意

撮影:

レバノン国家警察軍やレバノン国軍などの治安関連施設、パレスチナ難民キャンプ、パレスチナ団体やヒズボラの軍事施設などの撮影は避けてください。また、トリポリのライオン塔などの軍事施設に隣接している場所での写真撮影には許可が必要な場合があります。 モスク、廟の内部でも撮影は禁止されています。チャドル姿の女性、礼拝中のイスラム教徒を撮影する際はあらかじめ了解を取ることが必要です。個々の店の中や、人物の撮影は了承を得てからにして下さい。

 

服装:

基本的には、肌を多く露出しないようにして下さい。 どのイスラム国でも、モスクに入る場合は、女性は髪の毛を覆い、手の先以外の部分が見えない、体の線の どのイスラム国でも、モスクに入る場合は、女性は髪の毛を覆い、手の先以外の部分が見えない、体の線のドレスコードのあるレストランが多くありますので、事前に確認してから出かけましょう。

 

飲酒:

キリスト教徒は飲酒可能です。

電圧・IT情報

電圧230V,50ヘルツ   プラグは「C」タイプ

WI-FIが利用できるホテルがいくつかあります。無料の場合と有料の場合があります。

祝祭日と休日

休日:

休日は土曜、日曜と祝日。

 

祝祭日:

※移動祝祭日

下表:祝祭日一覧  

2014年 祝祭日
1月1日 元日
1月6日 アルメニア正教クリスマス
1月13日 ※預言者ムハンマド生誕祭
2月9日 聖マロンの日
4月18日 ※聖金曜日
4月20日 ※イースター/※ギリシア正教イースター
5月1日 メーデー
5月6日 殉教者の日
5月25日 南部解放記念日
7月28日 ※ラマダン明け休暇
8月15日 聖母被昇天の日
10月4日 ※犠牲祭
10月25日 ※イスラム暦新年
11月3日 ※アショーラ
11月22日 独立記念日
12月18日 万世節
12月25日 クリスマス
 

 

気候・時差・水・必需品

水:

飲料はミネラルウォーターをご利用下さい。

 

気候:

ベイルートを含む海岸地域は地中海性気候であり、温暖で一年を通して過ごしやすい。二つの山脈に挟まれたベカー高原は、大陸性気候で乾燥しており、昼夜の寒暖の差が大きい。このベカー高原は、肥沃な土壌を持ち、豊富な野菜やワインの生産で知られる。山岳地域は、夏は涼しく、冬はかなりの積雪があり、多くののスキーヤーが集まるスキー場もある。

 

必需品:

帽子、サングラス

主な都市間の距離

ベイルート 〜 ティール世界遺産 106KM (2時間27分)

ベイルート 〜 バールベック遺跡 47KM (46分)

ベイルート 〜 ガディーシャ渓谷 114KM (1時間53分)